読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついに砂糖税導入か?コーラやレッドブルも課税対象!値上げする前に買いだめGO! 【バイナリーオプション オプションカラー】

 

1222A166000005DC

日本では消費税増税が先送りされたり、軽減税率の導入などが検討されたりしていますね。一方イギリスでは2018年から「砂糖税」なるものが導入されるよ うです。国民の健康状態改善のために導入される税金のようですが、ソフトドリンクにのみ適用されるようです。なぜソフトドリンク業界にのみなのか、飲料 メーカーは戦々恐々としているようです。

 

「1日に占める摂取カロリーのうち、砂糖の割合を5%以内を目標にしましょう。」
このような計画の下、イギリス政府の砂糖税導入計画が始まり、100ml当たり、砂糖が5グラム以上入っているソフトドリンクは課税の対象となりました。
 

f:id:lolololox:20160823132944j:plain

日本でも大人気のコカ・コーラペプシレッドブルは課税対象となります。
この砂糖税導入にあたり、多くの小売店や企業が反対運動をしています。
そもそも、砂糖税を導入しても、リンゴ一口をかじった程度の糖分摂取を控えることと同等となり、たかがリンゴ一口接種を控えただけでは肥満解消には到底ならないという事です。

 

f:id:lolololox:20160823133024j:plain

 
そしてこの砂糖税を導入することにより、経済的損失の方が大きくなり失業者も増えるとも主張しています。
 
一方イギリス政府は次のように主張しています。 
砂糖がたくさん入った清涼飲料水は栄養価がないだけでなく、肥満を増幅させてしまいます。
肥満は、糖尿病やがん、心臓病といった健康上のリスクを抱え、その後の人生に深刻な影響をもたらしてしまう恐れもあります。
 
清涼飲料水メーカーは砂糖税が導入されるまで2年間あるので、少ない砂糖で美味しいドリンクを提供できるように自社努力を怠らないようにしてほしい。
このように主張しています。
 
日本でも酒税回避のために第2、第3のビールというものが登場しましたが、イギリスでは第2、第3のコーラというものが登場しそうな予感がしますね。

 

 

OPTION COLORでの取引結果

f:id:lolololox:20160823132640j:plain

OPTION COLOR オプションカラー