読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「しつけ」置き去り、事実と違う説明 「世間体を気に」 【バイナリーオプション オプションカラー】

北海道七飯町東大沼の山林で28日夕に行方不明になった北斗市の小学2年、田野岡大和君(7)は、「しつけ」のために両親に置き去りにされていた。

 

叱ることによるトラブルは、しばしば叱りなれていないケースで発生します。今回の詳細は不明ですが、たとえば殴って指導することが日常的にあった時代は、殴りなれている人と、殴られなれている人同士でしたので、意外と大怪我は発生しませんでした。

 

殴りなれていない教師が、ついカッとなって、殴られなれていない生徒を殴ったりすると、倒れて頭を打ったり、鼓膜が破れたりする事故が起きやすくなります。

虐待も体罰も、もちろんだめです。しかしその是非はともかくとして、たとえば物置に閉じ込めるような叱り方も、この子をそのような状況に置けばどうなるのかがわかっていれば、危険は避けられます。

今回、このようなしつけ、叱り方は初めてだったと報道されています。子どもは、大人の予想外の行動に出てしまったのかもしれません。

何が虐待かは時代によって変わります。適切なしつけ、しかり方も、その子によって異なるでしょう。

 

5/27日 PTION COLORでの取引結果

f:id:lolololox:20160530142126j:plain

 

それではまたo(^▽^)o