読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキ、変わらぬ「ワンマン」体制 【バイナリーオプション オプションカラー】

燃費不正問題を起こしたスズキは29日、鈴木修会長兼最高経営責任者(CEO、86)がCEO職から退き、長男の鈴木俊宏社長(57)がCEOを兼務する と発表した。問題の原因が修会長の「ワンマン体制」にあったとされたことを受けた人事だ。ただ修会長は同日の株主総会で、全国行脚して経営の立て直しを図 ると強調。「ワンマン」脱却はまだ先になりそうだ。

 総会で修会長は、「ご迷惑、ご心配をおかけした。おわび申し上げたい」と謝罪。問題が発覚した5月の軽自動車の販売は前年同月より15%減ったが、6月は増加傾向にあることも明らかにした。

 

修会長は「9月いっぱいまでかけて全国(の販売店)を回り、なんとか前年(の販売)を上回りたい」とも述べた。会長職からの退任も求める意見も出たが、 「私がやってきたなかで最悪の事態。再発防止のため、徹底的に会社に残って責任を全うすることが、男として大切だと思います」と応じた。

 発言には株主から拍手も上がり、期待感の強さを示した。同時に、経営はなお「修会長頼み」であることが明白にもなった。浜松市の男性株主(75)は「いまスズキをリードできるのは修会長だけ。総会に出て安心できた」と話す。

 

初代で成功して 2代目はなんとかもって 3代目で潰れる…
よくある話にならなきゃ良いけど…

 

6/29 PTION COLORでの取引結果

 

f:id:lolololox:20160630140046j:plain

 

 

それではまたo(^▽^)o