読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタ初勝利の夢、残り3分で破れる! 【バイナリーオプション オプションカラー】

第84回ル・マン24時間耐久レースは6月19日(日)、長き戦いのチェッカーフラッグが振られた。残り6分まで首位を快走していた5号車トヨタ TS050ハイブリッドにまさかのトラブルが発生し、僅差で首位を争っていた2号車ロマン・デュマ/ニール・ジャニ/マルク・リエブ組2号車ポルシェ 919ハイブリッドが大逆転優勝を飾った。

 

残り3分でまさかの逆転劇。トヨタTS050ハイブリッドにまさかのトラブル
“世界三大レース”のひとつであり、これまで多くの日本メーカー、日本人ドライバーが挑んできた世界最高峰の耐久レースの歴史に、中嶋一貴駆る5号車トヨ タTS050ハイブリッドが新たな1ページを加えようかとしていた瞬間だった。残り時間は6分。あと1周回れば悲願の優勝はトヨタの手に入っていた。

 

ノーパワー! ノーパワー!」

 快調にドライブしていた一貴から、悲痛な無線が飛ぶ。長き直線のユノディエールを走っていた5号車トヨタは、なんらかのトラブルが起き時速200km以 上上がらなくなる。一貴はなんとか車速が落ちるTS050ハイブリッドをメインストレートに戻すが、1周後に栄光のチェッカーが待っているはずのフラッグ タワーの下で、ゆるゆるとスローダウン。その横を、2号車ポルシェが駆け抜けていった。24時間レースの残り時間は3分。衝撃的な逆転劇となった。

 

まさかのスローダウンで勝利を逃したのはとても残念。

勝てる状況にあったのになぜにここまでルマンの神はトヨタのマシンを嫌うのかと思うほどにトヨタはル マンで勝てない。

もうこればかりは何かの因縁としか言いようがない象徴的な出来事でした。

ただ、今季のトヨタはルマンで勝つべく、TS050で攻めの姿勢 を貫いてきたことは事実。

ポルシェ、アウディも今年は体制を縮小したがそれでもトヨタはライバルよりも圧倒的に規模が小さい体制で奮闘したといえるでしょ う。

来年からトヨタWRC世界ラリー選手権)に挑戦します。そのためWEC、ルマンの活動が来季以降どうなるのか不透明な部分も。

メーカーとしての最 高峰カテゴリーはラリーになるはずです。ただ、トヨタにはこのままでルマンを終わらせて欲しくない。

社内の事情はあれど、やはり名実共に世界一の自動車 メーカーになるためにはルマンで勝てるまでやり続けることが必要だと思います。

 

6/17 PTION COLORでの取引結果

f:id:lolololox:20160620141708p:plain

それではまたo(^▽^)o