読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイナリーオプション オプションカラー

辻内崇伸さん。

2005年夏甲子園に現れた150キロを超える剛速球を投げ込む怪物左腕に、

私を含む多くの野球ファンが夢を見た。

あれから11年。その男は今、もう満足にキャッチボールすることすらかなわない。

大阪桐蔭高校3年生の時に出場した夏の甲子園

初戦の春日部共栄(埼玉)戦で、プロアマ通じ国内左腕では最速となる156キロを記録した。

準決勝で駒大苫 小牧(南北海道)に敗れたが、日本中の注目の的になった。

その年のドラフト会議では、オリックスとの抽選の末、巨人が交渉権を獲得。

ドラフト1位で、期待 の新星として入団した。

 

だがここからはケガとの闘いだった。

 

2年目の07年に左肘内側側副靱帯の再建手術を行ったのを皮切りに、左肩痛に悩まされるなど、復帰しては離脱の繰り返しでした。

そんな男が次なる道に選んだのは、女子プロ野球の指導者だった。

一度は野球とは関係ない仕事に就職を決めていたが、再びユニホームに袖を通すことができる オファーを断ることはできなかった。

14年から2年間は埼玉に拠点を置くアストライアの投手コーチを務め、今季からは「レイア」の投手コーチに就任。リー グ戦には参加せず、若手の育成に特化したチームで指導している。

 

辻内崇伸さんがプロで活躍していれば、谷間の世代とか言われなかったんだろうなって思ったりもしたけど、ケガで苦しんだ分同じような思いをしてる選手の気持ちがわかるだろうし、こういう選手の話聞くと、ケガしないってのもすごい才能と運が必要ですね。

どんなに才能が有って一流選手でも、壊れたらそこまで!!

怪我が多いと一流選手にはなれない。

 

頑張ってほしい。応援してます。

 

 

昨日のOPTION COLORでの取引報告です。

f:id:lolololox:20160406150905j:plain

 

資金額 200000円

4勝0敗 +134000円

 

運も味方に・・・・

 

それではまたo(^▽^)o